本文へ移動

看護部のご案内
introduction

Home » 当院について » 部門紹介 » 看護部 » 看護部のご案内

看護部理念

豊かな感性を持ち人間理解に努め
こころの看護をめざします

看護部基本方針

  • 患者様の人権を尊重し、患者様中心の看護サービスを提供します。
  • 患者様の安全を保証し、信頼される看護を提供します。
  • 継続的な業務改善により、効率的かつ健全な病院経営に参画します。
  • 豊かな人間性と倫理観を養い、専門職としての自己研鑽に努めます。
  • 看護学生の教育を支援します。

看護部長挨拶

coming soon

認定看護師について

あらゆる場で看護を必要とする患者さんに、当院では日本看護協会認定の、特定の看護分野における、水準の高い看護実践ができる、認定看護師を配置しています。

緩和ケア認定看護師

緩和ケア認定看護師の役割は、がんと診断された方の心と体の苦痛を和らげ、自分らしい生活が送れるよう、熟練した看護技術及び知識を用いて、患者さんを支えていくことです。

当院では、緩和ケア認定看護師が緩和ケアチームの中心となって、外来から病棟まで組織横断的に幅広く活動しています。

患者さん自ら治療やお薬の選択ができる支援や、副反応の対応、体や治療のことだけではなく仕事や将来の不安、心のつらさなど病気の進行に関わらずサポートを行います。

豊かな感性を大切にし、その方への理解を深め身体的だけではなく、こころの看護ができるように努めています。

緩和ケア認定看護師 大道 結花

看護部の特徴

PNS®看護体制

PNS®(パートナーシップ・ナーシングシステム®)を導入しています。PNS®とは2人の看護師が安全で質の高い看護を共に提供することを目的に、良きパートナーとして対等な立場でお互いの特性を活かし、相互に補完し合って成果と責任を共有する看護体制で、お互いが持っている知識や技術を惜しみなく与え、対等で相手を慮(おもんぱか)る態度で看護・介護を実践します。新人・中途採用の方も安心して看護を習得できます。

男性と女性の二人一組の看護師がノートPCに対して何か入力を行っている様子の写真

人材育成

宮田病院看護部では、看護部理念・基本方針のもと、段階に応じた看護・介護実践能力の育成を支援する事を目的として、院内外において各種の研修を実施しています。教育支援として新人看護職員研修ガイドラインに沿って新人・新任期研修企画・運営を行っています。
専門職として目標を明確にし、着実にステップアップできるようキャリア開発ラダーを導入しました。平成26年度からは、学研のe-ラーニング導入で、時間や場所を選ばず78テーマの講義を受講し自己研鑽する事ができるようになりました。

また当院は、大和青藍高等学校看護科、福岡医健・スポーツ専門学校看護科、および直方看護専修学校の実習病院であり、看護実習を通じて地域の人材育成にも積極的に貢献しています。

宮田病院 クリニカルラダー

子育て支援

保育士が子供の手をつないで遊具で遊んでいる様子の写真

平成7年から保育所型事業所内保育事業として始まり、令和4年11月に認可保育園(事業所内保育事業)として運営移行しました。夜勤をする方も安心してお子様を預けることができます。

この保育園の特徴は病院敷地内にあり、子供さんの体調が悪くなった時などは、お仕事中であってもすぐにお迎えに行くことができ、当院の小児科への受診が可能です。

’授乳時間’を利用して、保育園で直接授乳する事も出来ます。この保育園に預けることでお仕事を継続できた看護職員もたくさんいます。

これから子育てするスタッフの悩みや思いも共有することは勿論、育児に関する相談もできます。子育てを行いながら働ける組織を目指しています。

看護部漫画

看護部について漫画で分かりやすく説明しました。様々な状況別の漫画になっていますのでぜひご覧ください。